薬局

 

   薬局

薬局では、当院の理念に基づき、医師および看護師などと連携をとりながら、間違いのない調剤とわかりやすい服薬指導を心がけています。
薬剤師は、医師が患者さんの症状や体格、年齢に合わせて処方した薬の量や用法、相互作用、配合変化などをチェックし、不明な点があれば医師に確認を終えてから調剤を行います。
薬の数が多い場合は、間違って服用したり、飲み忘れてしまったりする危険性があるのでこれらを防止するために必要に応じて一包化を行っています。
さらに分包紙には、患者氏名、用法、薬品名などを印字して間違い防止に役立てています。
「おくすり」に関して気になる事や質問は、お気軽にご相談ください 。

(薬局長 岩下 泰久)

in-02

TO TOP